カタログに載りました

当社の手摺や階段に採用されている転落防止のワイヤーですが、これはワイヤーテンショナーと呼ぶそうで新潟県の三条市に本社を置く浅野金属工業株式会社さんの製品です。

当社を建設する際に、設計・施工監理をお願いした設計事務所が採用した製品です。

今年の夏頃に、この製品を作っている会社から連絡があり、当社に設置されている製品を自社の納入事例に載せたいので了解してもらえないかとの話しがあり、当社は了承したところ10月の下旬に、広告宣伝部の担当者とカメラマンの2名で来社され、当社の手摺や階段部分を撮影して帰られました。

浅野金属工業の製品として、当社に設置してあるワイヤーテンショナーが採用事例のワイヤーテンショナーの項目ページに載りました。

下記のURLから見ることができます。

https://www.asano-metal.co.jp/case/wire/-18-1.html

看板を新たに設置しました

当社を示す案内看板は事務所の入り口近くに設置してあるのですが、この看板の評判はあまりよろしいものではなく、案内看板なのに社名が見え難いという看板としては致命的な不具合がありました。

ご覧のようにガラス製で素通しになっている為に、社名が見え辛いという機能的には失敗とも言える看板でした。

当社を初めて訪ねてこられる方は、例外なく看板に明記されている社名を見逃されて、そのまま事務所の前の道を真っ直ぐ進んで、かなり行き過ぎた所で会社が分らないと、電話をされることが多かったのです。

ただ、看板自体のデザインは素晴らしいと、皆さんからはお褒めの言葉をいただいていましたが、そこを褒められても会社の案内という、看板としての本来の用途からは外れているので、これでは意味がないと思っていました。

そこで遅きに失した感がありましたが、目立つ位置に看板を設置することにしました。

新しい看板は事務所の屋根に近いところに設置し、夜でも照明により分かり易い看板となりました。ガラス製の会社案内看板はと申しますと、早々にオブジェと化しつつあります。

皆様おいでの節には、今度こそ看板を目印にしてお越しください。

派遣法の改正による影響

 日本人材派遣協会によると、派遣会社の事業者数の数が2017年度は、6万2,408件だったそうです。2015年度の事業者数の数が7万7,956件だったそうで、このわずか2年の間で1万5千件も減少したことになります。これは労働者派遣法改正で派遣事業が許可制となったことや、全国的な人手不足で派遣スタッフの確保が難しくなったことが原因だと考えられ、その結果中小規模の派遣会社が廃業したり、大手派遣会社に吸収されたのではないかと推測されます。

さて、2020年4月から非正規雇用者と正規社員の賃金が同一になります。これは、派遣先で働く派遣労働者と派遣先に雇用される通常の労働者との間の待遇差解消を目指した、労働者派遣法の改正によりますが、同一労働同一賃金の推進が、人材派遣業界の今後を左右するものではないかと我々は思っています。

 この制度の発足により、今後は働く業務の内容が同じであれば、同一労働同一賃金として処遇しないといけなくなります。この同一労働同一賃金では2つの方式が予定されています。1つが「派遣先均衡・均等方式」、もう1つが「労使協定方式」です。

 「派遣先均衡・均等方式」は、派遣労働者の賃金を派遣先で働く正社員と均等な賃金水準にするもので、派遣会社は派遣先の賃金水準の情報を派遣先より得て、これに基づき派遣労働者の賃金を設定する方式です。これに対して「労使協定方式」は、厚生労働省が公表している都道府県別・業界別の平均賃金を基準として、労働者代表の合意を得て派遣労働者の賃金を設定する方式です。

 いずれの方式も派遣労働者の賃金の引き上げが起こるため、派遣会社は派遣労働者の賃金アップ分を派遣先と、単価改定の交渉を行う可能性が高いのですが、派遣手数料の負担増を嫌がる派遣先との交渉が難航すると、賃金アップ分を派遣手数料に転嫁できない。また、これまで派遣労働者に任せていた仕事を自社で対応する内製化を進める派遣先企業も増えはじめ、派遣会社の受注機会減少につながっていくのではないかと考えます。

派遣料金のアップが難しい派遣会社は、このような傾向が今後も続けば、従来から派遣労働者の賃金を低く抑え、他の派遣会社に比べ安価な派遣料金で同業他社と競争してきた派遣会社では、良質な派遣社員が集まり難くなるのではないかと私自身思います。当社はこの機会に良質な労働者を確保できるいい機会になると考えています。他社に比べ安価な派遣料金で仕事を奪っていくような派遣会社にとっては厳しい状況を迎えるのではないかと考えています。

久々のブログ投稿です

先日ある会合に出席したら、会合の後にフィリピンで有料の老人ホームを経営されている方と、お話をする機会がありました。

その方は現在フィリピンのネグロス島で日本人の退職された方を対象に、介護付き老人ホームを経営されているのですが、現実は海を渡って終の住処として人生を過ごすという決心の日本人はそう多くはないそうです。

その施設では、日本語を話すフィリピン人の介護士を抱えているので、逆に介護施設を日本で作り、そこに介護士として派遣する事業を今現在考えられているようです。

しかし、日本では多くの施設が外国人介護士を求めていたものの、来日3年後に介護福祉士の試験に合格することが継続滞在の条件とされていました。この資格は日本人でも半分は落ちるという難関で、それを慣れない日本語で受験するのですから合格はほとんど望めず、「永住されたら迷惑だから3年で帰ってくれ」という日本の意図は明白です。

その方は「日本人は、外国人労働者にすこしでも門戸を開放したら移民が押し寄せてくると思ってるんですよね」「でもね、日本人は大きな誤解をしています」 外国で働きたいフィリピンの看護師・介護士が目指すのはなんといってもアメリカで、次いでカナダやオーストラリアなどの英語圏だそうです。これらの国では給与が高く、長く働くことができ、永住権や市民権も取得できるのですから、日本に来るのとは条件が全然違うのです。

日本の介護施設から、「優秀な人材を紹介してくれ」と、よく言われるそうですが、昔から、優秀な介護士は日本になど来てくれないのが現実だったのです。

現在、日本では入管法を改正し、外国人労働者の受け入れを拡大しようとしていますが、これは全国で人手不足が顕在化し、外国人に来てもらわないと経済が回らなくなったらからです。ですがこんなことは、何十年も前からわかっていたことです。未来は不確実ですが、出生率や死亡率は先進国では大きく変化しませんから、人口動態だけは確実に予測できるのです。

それにもかかわらず日本政府は純血主義に固執し、ようやく人手不足に慌て出しても「いわゆる移民政策は採らない」といっています。これは現政権が「真正保守」だからではなく、日本人の大半が「排外主義者」で、選挙を考えればそうやって宥めるしかないからでしょう。

「日本は外国人労働者の獲得競争から脱落しつつあります」なぜなら 「英語が公用語となっているフィリピンでは、高卒以上であればある程度の英語を話せますから、英語圏ならわざわざ外国語を覚える面倒がないでしょう」アジアでは香港とシンガポールで英語が広く使われており、1人あたりGDPでもシンガポールは5万8000ドル、香港は4万6000ドルで、3万8000ドルの日本よりずっと豊かです(2017年)だったらなぜ、英語が通じず、貧乏なくせに「外国人は迷惑だ」と思っている国で働かなくてはならないのでしょうか。

未だ多くの日本人が日本はアジアの人達のあこがれの国などと思っているようですが、介護士に限らず優秀な人材は、どの国で働くかを自分で選択することができます。「日本はこれまでずっとアジアでもっとも豊かな国でしたが、いつのまにか優先順位のはるか下に落ちてしまったことを、あと10年もすればすべての日本人が思い知ることになるのでしょうね」とその方は最後に仰っていたのが強く印象に残りました。

久々の復活ブログが少々固いものになってしまいました。

ブログを再開します

2019年2月7日の投稿を最後にブログを中断していました。
中断した原因は当社の社員が現場で倒れ、救急搬送され今に至るまでずっと入院生活を送っているためです。
なかなかブログを書く気にならず、2月7日の投稿を最後にブログを中断していました。
しかし今月の18日に、長きに渡り入院していた大阪府堺市の病院から、彼の生まれ故郷に近い病院に転院という大きな変化がありました。
転院先の病院はリハビリが充実しているそうなので、元の状態とは言わないまでもなんとか自律できるまでに、回復をしてくれることを我々は祈っています。
そのような状況の変化があり、今後もブログを中断したままにすることは私達の本意でもありませんから、これからは徐々にブログを再開していこうと思っています。

暫くブログの更新を中断します

2019年の年明けからブログの更新が止まっていますが、これには訳がありまして当社の社員が1月7日に現場で倒れ、救急搬送されました。
現在に至るも意識が回復せず今だ病院に入院中です。

我々は彼の回復を願っていますが、現在でも思うような状態には程遠い状態です。

彼の容態が今も一進一退を続けているのを、我々は見守っているしかなく非常に歯痒いのですが、そのような訳でブログの更新をする気力が無く、誠に申し訳ありませんがブログを暫く中断いたします。

年末の報告その2

年末の餅つきが終わった後は事務所の掃除です。
普段は簡単に済ませているところを重点的に奇麗にします。
給湯室にある冷蔵庫の中まで拭いて奇麗にします。
そして奇麗になったところで、新たな気持ちで新年を迎えます。

 

2018年暮れの餅作り

当社は、この10年間、毎年の年末行事として餅作りを行ってきました。
2018年も当社の倉庫で朝から夕方まで餅作りを行い、社員やその家族が餅作りに参加しました。
餅作りは前日より設営を行います。
もち米は、毎年、私の兄が送ってくれる島根県仁多郡横田町のもち米60kgを使います。

餅作りを臼と杵でやっていては、到底一日では終わらない量なので、餅つき機3台を使用してドンドン餅を作っていきます。
それでも朝8時に開始しても、終わるのは夕方4時過ぎになります。
そのあと片付けがありますので、本当に一日中餅作りをしています。
翌日は餅つき器などを、また一年後に使用しますので綺麗にして倉庫の所定の位置に戻し、三日がかりの餅作り行事は終了です。

昨年は毎年参加している方から、大きなお鍋にいっぱいのお雑煮の提供があり大好評でした。
その方から今年も同じく大きな鍋でのお雑煮の提供がありました。

2018年は、それとは別に前田君からスペシャルな鍋の提供があり、大雪で危うく遭難しかけながら秋田県の鹿角市まで出かけ本場のきりたんぽ鍋を自分だけ美味しく食べた後に、厳しい修行の場として体験入学を得て会得した、きりたんぽ鍋を直々に披露してくれました。(2018年12月27日のブログに、秋田での様子がアップされています)

殆どの人が、きりたんぽ鍋は初体験でしたので、これが厳しい修行を得て会得した秘伝の味かどうかは分かりませんでしたが、みんなで美味しくいただきました。(比内地鶏が入った鍋は最高でした)
どうかこれからも秘伝の製法を忘れないでいただきたいと思います。

写真はその日の様子です。

謹賀新年

皆さま健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は格別の御厚情を賜り、誠にありがとうございました。

元旦の市原市は朝方曇っていたので、初日の出を見ることはできませんでした。
今日1月2日の市原市は雲一つない快晴です。

 

 

 

 

 

今年一年どうかよろしくお願い申し上げます。

皆様よいお年をお迎えください

当社事務所付近から撮影した 2018年12月31日の朝焼けです。
今年も残すところ、あとわずかとなりました。
今年もいろいろなことがありましたが、皆さんには本当によく頑張っていただきました。
この一年間本当にご苦労様でした。
新しい年も課題が山積みです。
皆さんと力を合わせ取り組んでいきたいと思っています。
来年も一緒に頑張りましょう。
皆様 よいお年をお迎えください。

本場きりたんぽ鍋を求めて

秋田県の鹿角市へ行ってきました

青森から、雪積もる道をひた足り

いつのまにか、山道のようなところに案内され
道は徐々に険しく急カーブに急傾斜の連続
望んでいるわけではないが、ナビがここを走れと言う
気が付くと結構走ってしまった、もう前に突っ走るしかない
こういう心理が事故を招くんですよね
分かっちゃいるけど戻れない

でも何とか無事に鹿角市へ
鹿角市はきりたんぽの発祥地だそうで
ここに来た目的は
本場のきりたんぽ鍋を食すること
それと、きりたんぽを自分で作ってみること、つまり修行です
そして日本三大地鶏の一つである比内地鶏を購入すること
ちなみに比内鶏は天然記念物なので食べちゃいけませんよ
食べていいのは比内地鶏です

先ずはきりたんぽ鍋を
自分で具材を鍋に入れて仕上げるようで
予めスープの中に小指の先程の比内地鶏が10切れ位入っていました
本場の割には小さいじゃないかと思いつつ
店員の言われるままに鍋を仕上げてみる
関東ではあまり馴染みのない”せり”は最後に
きりたんぽが出来立てじゃ無かったことがちょっと残念でしたが

濃厚な出汁と
その弾力は、他では味わえない美味しさでした。
1400円、ちょっとお高めかな

次は厳しい修行の場へ
講師の説明を受け、団子にした米をたんぽ棒に突き刺し巻きつけるように伸ばし
台の上でコロコロ転がして形を整えて
後は、炭火で軽く焦げ目が付いて完成

30分の体験入学を卒業
受講料300円なり
韓国の団体客さんと一緒に体験しました

そして数少ない比内地鶏屋さんへ
休日で休業とのこと、あらまぁ!!

でも今回の旅の目的は一応達成したつもりです
厳しい試練を乗り越え、覚えた技と味は忘れはしないでしょう
一人前のきりたんぽ職人となった私
これを活かせるときがあるかな(M)

2018年忘年会報告その3

ゲストで招いた Idemitsu Honda Team Asia の監督である青山博一さんから、提供いただいたチームのグッズを忘年会の席上でオークションを行いましたが、その時に落札された方々から受領しました落札金額の合計 11,500円 を日本赤十字社に寄付をいたしました。

落札された皆さんありがとうございました。