1勝1敗

この2ヶ月の間に2つの資格試験に挑戦してきました。

1つ目の試験は、恥ずかしながら受験が今回4回目です。
さらに、実を言えば受験の申し込みに限れば8回目になってました。
4回の未受験については、受験日が地方出張に重なってしまったり、
試験当日が業務都合で休めなかったりでした。
当日は、受験会場の最寄り駅から会場への道のりまでは予備校関係者がパンフレットを配っていたり、
周囲の受験生の気迫ある雰囲気を感じ、非常に緊張感のある受験でした。
「私は」というと、プロ野球セ・リーグ球団の3位と4位のチームがクライマックスシリーズの進出をかけて接戦を繰り広げている時期でしたので、
会場へ向かう朝の電車の中ではスポーツ新聞を読んだり。
受験勉強の時から贔屓球団のテレビ中継を毎晩観ながら、ながら勉強だったなあ。と今さらながら反省しているところです。
それだけ真剣さが不足していました。
もちろん結果は不合格。36問/全60問が合格ラインに対して結果は28問/60問。
最初の受験の頃は20問程度の出来でしたので、徐々には進歩してると思えば良いのか・・・
次回頑張ります。

2つ目の試験ですが、こちらはある現場での悔しい思いから受験を決意した試験でした。
難易度の高い試験ではありませんが、この試験に合格し免許を取得していないと、
工事監督者として、とある業務に就けないのです。
私も取得せねば!! と願書を提出したものの、贔屓球団の応援に相も変わらず力が入ってしまい
受験勉強がおろそかなまま日にちばかりが過ぎてました。
さすがに受験前の3連休には雑音をシャットアウトし、久々に勉強に没頭し、
問題集は1冊やりきり、過去問も解いて受験に臨みました。
試験後から合格発表までは、受験勉強をしっかりとしてたからか、ドキドキした気持ちで過ごしてました。
いざホームページで合格者一覧を見て自分の受験番号を見つけた時は、
久々の合格という現実に非常に嬉しい思いでした。

日々の業務を行う上での1つのツールとなる資格。
今回、合格した嬉しい気持ちを忘れずに意欲を持って今後も勉強、受験していきます。(F)

この1週間はお祝いラッシュでした

この1週間は嬉しいお祝いラッシュでした。

最初の写真は、当社が顧問契約を結んでいる税理士事務所で、長年当社を担当してくれた K さんが、この度めでたくご結婚をされて、今後は市原市を離れ、ご主人の赴任先にて新婚生活がスタートするとのこと。そこで、ご結婚の祝福と同時に、長年に渡り当社の様々な問題をウルトラスーパーな頭脳 (本当に掛値無しで頭脳明晰でした。ちなみにお兄さんは東大を卒業後、Googleの本社勤務だそうです) で、解決に導いてくれたお礼を兼ねて、ささやかな宴を催しました。

K さん長年に渡り本当にありがとうございました。
いつまでもお幸せに。

これは、プリザーブドフラワーと言われるものです。長期間生花のような状態を維持してくれるそうです。

プリザーブドフラワーとはWikipediaで見ると。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC

 

 

 

お祝いの宴を催しました。会社からプリザーブドフラワー、社員一同からは調理用品を贈りました。

 

 

 

次は、当社のメインバンクで法人営業を担当している S さんが、この度新居を購入されました。S さんにも、この3年間、当社を金融面で強力に支えてもらいました。感謝の気持ちを込めて、同じくプリザーブドフラワーを贈りました。

最後は、当社の社員が新居に移ったと報告を受けましたので、同じくブリザーブドフラワーを贈りました。

おめでたいイベントでお祝いを贈るのは気持ちが良いものです。

皆さんお幸せに。

 

 

六ヶ所便り⑪ 七輪

東通り原発でお世話になったF氏が六ヶ所に赴任し、先日お家に呼ばれました

この方とは付き合いも古く、お互い料理が好きだという共通点もあり

部屋で食事でもしようということになり、私もオリジナリティーの自家製モツ煮を持参しました

というのもF氏は料理に関して物知りで、その調理方法もかなり凝っているので

F氏を唸らさせるには普通のモツ煮ではダメなのです

先ずは、自慢の調理器具を見せてもらった

餃子専用の3mmの厚くて重いフライパンや

数々の鍋に火力の強いコンロまで

業務用?って思わせる道具がずらり

そして十本以上の包丁類、なたの様な出刃包丁からペティナイフまで

一本どれも数万円との事で

かなりのマニアックである

極めつけはピカピカの柳刃包丁

光沢がそこらの包丁とは全く違っていて、めちゃくちゃ切れそう

オーダーメードでお値段は10数万円だそうです

今日はどんな料理かと期待が高まる

すると、七輪を用意しているから「表に出ましょう」と

暗い中で七輪の火が灯り

サンマが網の上で焼かれている

焼けるまで、私のモツ煮を食べる

七輪と夜って乙な設定です

程よく焼けたところで箸を入れる

塩味が少し?と思いながらも七輪で焼くと美味い!

「ごめん、塩降るの忘れてました」と

二尾目は塩を手もみして焼いてくれた

塩味でさらに美味しくサンマ堪能し終え

ご飯が炊けているとの事で部屋に戻った

出されたのは

炊き立てのご飯に、わさびふりかけ

うぅ~ん・・・、悪くはないんだけど

できればサンマでご飯を食べたかった

美味かったんだが

私が、数時間かけ作ったモツ煮に比べれば

サンマの塩焼きにそして、ふりかけが、なんか可笑しくて

帰り際、どうしても言いたくて

「あんだけ凄い道具を見せられて、結局は素手とふりかけかよ!」

冗談が通じるF氏なのでツッコみました(M)

Kool & the Gang

ちょっと個人のブログのような内容ですがお許しを。

皆さんは、この3連休どんな過ごし方をされましたか。

私は、8日に東京青山にある ブルーノート東京 で行われた Kool & the Gang のライブに、友人2人と行ってきました。Kool & the Gang が、2016年にブルーノートで行ったステージの模様はhttps://www.youtube.com/watch?v=ccBYzSbU9owで見ることができます。

2017年10月8日初日の2ndステージのライブレポートが上っていました。http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2017/10/09/kool-the-gang-2.html

私たちが行ったのは初日の1stステージでしたが、とても私と同世代とは思えないパワフルなステージを披露してくれました。

特にブラスセクションは、ノリノリで素晴らしい演奏を披露してくれました。

Kool & the Gang  【KoolがCoolでないところがミソです】は、私が10代後半に知ったソウルミュージックグループです。当時はレコード盤の溝が擦り切れるまで聴いていました。以来、聴く音がレコードからカセット、CD、そして今流行りのハイレゾ音源に至るまで、今日までずっと彼らの音楽を聴いてきました。その彼らの生のステージを見ることができたことに無上の喜びを感じます。ちなみに KoolとCoolの違いはhttps://oshiete.goo.ne.jp/qa/604285.htmlだそうです。

まだ若い時のKool & the Gang の動画です。私もあの頃は同じ年頃で、まだ髪の毛も沢山ある青年でした。(遠い目)

結成40周年記念ライブの模様です。(29’30過ぎからのブラス競演は見ごたえがあります)

2015年に行われたライブステージの模様です。

今年で結成53年だそうです。昨年も新曲をリリースするなど長きに渡り、ソウルミュージック界で、トップラインを維持していることは凄いことだと思います。

秋の天体観測

中秋の名月とは誰が言ったのでしょう。

秋の夜空は幻想的ですね。

ずっと空を見上げていても飽きません。

雲の流れで表情を変える月を見ていると、いろんなことを感じます。

目で見えているものと、月が本当に発している光。

今見ているのは地球から見た情景、違う星から見たらどう見えるのか。

イマジネーションが尽きませんね。

おかげで寝不足な日曜日ですが、秋の天体観測はオススメです!

山内

六ヶ所便り⑩ 寒い

今日は、朝からの雨

手塩に掛けたピーマンの葉も垂れ

刻々と冬の気配

もう夏服では寒くなってきた。

先日、品管の相棒が都合でこの現場を去った。

わずか5ヶ月間の付き合いであったが

別れは淋しい限りである

そして今日一つの工事が直前で延期となった。

「またか」の思い

着工に向け、昨日まで段取りを進めていた監督が肩を落とす。

写真は

三沢航空祭で戦闘機をデジカメで捉えた渾身の力作です

止まっている飛行機の尾っぽのところです

心身ともに寒い秋です(M)

季節を感じる、色とりどり

今年は週末に雨が降ることが多く、週末が近づくと、天気予報のチェックが欠かせません。晴れたらどこか外に出かけたいとう欲求が強くなってるんですね。
久々に晴れたタイミングで、近くの袖ヶ浦公園で散歩してきました。
まだまだ夏日のような暑さでしたが、日陰に入ると過ごしやすく、いつもは通り過ぎてしまってたであろう光景に、目が向くようになります。
緑色のもみじを見つけました。湖のほとりに桜の木と互い違いに植樹してあるのは、もみじの木でした。
これから紅葉シーズンが来る直前の「もみじ」。そもそも「もみじ」は紅葉が美しい時期にしか見ないので、緑色のもみじを見たのは、生まれて初めてかもしれません 笑
人間にとって美しい紅葉も、緑色の紅葉も大自然の移り変わりの一場面。夏の新緑があって、秋の紅葉がある。
落ち着いた自然の中で、植物、動物を見ていると、思わぬ発見があるんだなと思いました。
これからアウトドアに適したシーズンなので、友人や同僚を誘ってワイワイ出かけたいものです。
山内

六ヶ所便り⑨ 夏の終わり

日曜日に三沢三大祭、最後のお祭り

みさわ港祭りが開催されました。で仕事仲間と行ってきました。

三沢三大祭とは”七夕祭り”と”三沢祭り”と”港祭り”をいうそうで

港祭りは5000発の花火が打ち上げられる花火大会です。

夜7時からスタートして9時頃に終わるということなので

その前に我が家でテレビを見ながら夕食会

クイズ番組の回答が気になるのか、

皆さん腰が重く花火大会の事は頭から抜けているようで

部屋を出たのが7時半頃

結構な渋滞をすり抜けて会場付近に着いたのが8時前

大きな音とともに、花火が広がり

暗闇に沢山の人影が浮かび上がる。

花火大会には2万5千人が訪れるそうな(三沢人口は4万人弱)

我々が着いて間もなく最後の大きな花火が打ち上がり

大歓声と共に花火は終了しました。

花火が終われば風も冷たく、夏の終わりを告げていました。

暗闇を急ぐ人たち

祭りの後って無言の淋しさがありますね

9時までと安心していたが8時過ぎに花火は終了してしまいました。テレビを見過ぎた!!

今週末は航空祭です(M)

六ヶ所便り⑧ 家庭菜園②

菜園を始めて三か月

小さな苗だったピーマン達が実を熟しました。

苗を植えたころは、鳥に茎ごと持っていかれたり

水を欠かさず与えても、なんだか元気がなく枯れそうだったりの

小さくか細かった苗も

今ではどんどん枝を伸ばし見違えるほどの勢いで大きく元気いっぱいに育ちました。

当初水だけ与えれば良いと思っていた私は

今にも萎びてしまいそうな姿を見て

ネットで育て方を検索し、私の甘い考えが誤っているを事を知り

直ぐに下記のことを実行しました。

日々、欠かさず水を与えるのは勿論

廻りの雑草を、こまめに取り除き

土壌には栄養剤と追肥を補給し、葉っぱにも栄養スプレーを掛けてあげました。

多すぎる葉っぱもダメみたいで、ハサミでチョキンチョキンと間引きし

やっと咲いた一番花も泣く泣く除去して

そして何より溢れるほどの愛情を注ぎました。

写真は本日の収穫と、青唐辛子入りのナポリタンを作ってみました。

枝豆は収穫後、すぐに茹でると格別の味との事です(一時間後ではダメだそうです)

苗を育てるのになんだかんだとさらに4000円の出費

なんだか思惑が外れましたが

育ってくれた喜びが勝ります(M)

筑波研究学園都市にある筑波実験植物園に行ってきました

8月11日から8月20日(日)まで、茨城県つくば市にある独立行政法人国立科学博物館筑波実験植物園で開催されていた、水草展に行ってきました。
水草展とは、「知らないものは守れない、好きなものは守りたい・・・・」
との合言葉で行われる主に水草の展示のことです。場所はつくば市にある筑波実験植物園で開催されていました。

つくば市にある筑波実験植物園の説明は下記のリンクを参照してください。
http://www.tbg.kahaku.go.jp/
当日は、沢山のお客さんで大いに賑わっていました。
園内は殆どの場所の実験施設が見学できました。とにかく巨大な温室が所狭しと立ち並んでいる様は一見の価値があります。そして広大な土地にあらゆる植物が植えられています。

 

このような催しは毎年開催されていますし、他の研究機関でも同様の催しが年間を通じて開催されています。
例えば、毎年4月中旬に設けられている科学技術週間に合わせて、多くの研究所で一般公開が開催されています。
直近では9月3日(日)に同じ筑波にある高エネルギー加速器研究機構で一般公開が行われます。
時間のある方は行かれてみてはどうでしょうか。

高エネルギー加速器研究機構
https://www.kek.jp/ja/
一般公開日案内
https://www2.kek.jp/openhouse/2017/

六ヶ所便り⑦ ねぶた祭り

3大ねぶたと言われているのが

青森ねぶた、弘前ねぶた、五所川原立佞武多だそうです。

ただ3ヶ所ほぼ同じ時期に開催されるので

どこに行こうか迷います。

その中でも誰もが口を揃えて絶賛するのが五所川原の立佞武多でしたので

私もそこをチョイスしました。

五所川原出身の吉幾三も毎年参加するとの事でしたが

前日の金曜日に参加されたとの事で、ガッカリ・・・

五所川原駅に着くなり巨大な立佞武多が待ち構えていました。

デカい!!、高さは20mを超え、重量は20トン近くあるそうです。

沿道は前に進めないほどの観客

沢山の巨大な山車が引かれ、フラッシュがパチパチ

そんな中、山車の合間を縫って走る一匹の魚が目に入ってきた。

かなり安っぽい作りだけれど、ちょろちょろ素早く動き回るのがとても滑稽で

やたら気になる

背には○○自動車とちゃっかりと宣伝

このコストパフォーマンスは反則技でしょ

脳裏に焼き付いて離れない

あっぱれ!!○○自動車 (M)