投稿者「(M)」のアーカイブ

さんふらわぁ火災事故

乗員乗客94人のうち93人が助かり、二等航海士の方が行方不明なっていましたが
昨日(8月3日)この方の死亡が確認されました。
「黒煙で自分の方向が分からなくなった」これが最後の無線での会話だったようです。
暗闇の中で状況も分からず最期を迎えられたと思うと
心が痛みます。

まだ安否が確認されていない時に、この方の母親が
「職務を全うしたのだと思う。褒めてやりたい」
と涙声でコメントされていました。

船長も、この亡くなられた方も最後まで船に残っていた事が報道されています。
この「最後まで」
この言葉にとても重いものを感じてしまいます。
「職務を全うする」がこの言葉の意味なら
どこかやりきれない思いになります。

業種は違えど
この事故を通じて「職務」について考えさせられます。
もし仮に、火災、爆発が起これば
自分はどこまで出来るのだろうか?
どこまでやれるのだろうか?

勇敢な行動に敬服します。
謹んでお悔やみ申し上げます(M)

三現主義(現場、現物、現実を大切に)

これは『現場での言葉集』の中に収められている心得です。
併せて、”現場を無視した安全はあり得ません”と心に留めておきたい言葉も
言い換えれば”銃声のもとに行け” ”現場第一主義であれ”
ということでしょうか。
実践しているようで
結構、机上だけで済ましてしまう事はないでしょうか。
いざ工事を始めようとしたら図面と合わない
物が取りつかない
こんな状況だと思わなかった等々
よく聞く話です。

毎日のように何処かで災害が発生しています。
その事故状況・原因を考えると三現主義が実践されていたら
と思ってしまうものが多くあります。
本質を見誤ることなく正確に判断する事
それが安全に繋がるものだと思います。
三現主義忘れずに

ご安全に(M)

ドタキャンは慣れっこ

先週の金曜日は同窓会(前の現場のOB会)の筈だった・・・
同窓会と言っても年に数回開催していて
最近はバカ話オンリーですが・・・
肩肘を張らなくてもいい心地よい飲み会なのです。
いつもは会が行われる2~3日前に店を予約する(これには理由がある)のですが
今回は特別ゲストを招待していることから少し力を入れて
早めに人気店に予約。
あちこちから情報を得て、数件目でなんとか計6名で予約が取れた(バンザ~イ↗)

数日後、会の一人から急遽出張で出席できなくなったと残念なメールが入り
直ぐに店に連絡し5名に変更してもらう。
そして木曜日の朝早く、2人の方から急遽工事が発生し出席できないと連絡が入る。
こんどは困った。
3名では少し寂しいし、それに既にホテルを予約している方も居るからです。
私は、その事を思い続行の旨を二人に連絡したのですが、
直ぐにその方から連絡が入り『残念ですけど仕切り直しにしましょう』と
いつもと変わらない穏やかな口調(申し訳ない!)
もう一方も仕切り直しに快く承諾(申し訳ない!)
そして人気店にキャンセル連絡(申し訳ない!) 結局、(バンザ~イ ナシヨ↷)

日頃は厳格なプラントマン達ですが、そんな突発的な事情は誰もが理解してくれていて
ドタキャンになっても快く受け入れてくれます。
思いやりと気遣いに溢れています。
だから継続できているのかもしれませんね。
早速仕切り直しのメールを送信し同窓会は再稼働中です。

人気店の予約は難しい(M)

夏に向けて

毎日暑い日が続きます。
天気予報では、「明日は今日よりさらに暑くなります」と
毎日のように、この残酷な言葉で暑さが更新されています。
このまま12月になれば、どうなんねん~
ベタなボケで失礼おば

数日前の朝礼で
何時でも水分補給ができるように
現場に飲み物を持っていくようにしてください。
と、熱中症の注意喚起をしていました。

昔は、現場で飲むなんて考えられなかった事です。
もしかして良かったのかもしれませんが、
新米だった頃は、自ら休憩なんて言えるものではなかったし
水分補給も決められた休憩時間外では摂れなかったものです。
ただ、トイレだけは胸張って行けたので(胸を張る事もないが)
そのついでにこそっとジュースを飲んだものです。
・・・そんな風潮だった

今は熱中症対策もルール化され、そんな思いをしなくても
新米でも堂々と水分補給が出来るようになったと思います。
そうならないといけないのです。

人間は機械と違って壊れやすいもの
人間の尊重、思いやりを忘れず
職場から熱中症0を目指します。

無理せず適度に休憩を(M)

AE法

昨今、多岐にわたり新しい検査技術が躍進しています。
今日、現場でAE法(アコースティックエミッション acoustic emission.)なる
検査を行っていました。
言葉自体は20年くらい前から、聞いていたのですが実際目にするのは初めてで
興味津々で現場に向かい、その検査状況を見る事ができました。
また親切な担当の方からは今回の手法を説明して頂き
とても勉強になり、分からなかった事が解明できスッキリしました。

AE法ってあまり馴染みがないと思いますが、
ざっくりこんな感じでしょうか
構造物等にき裂が発生した時や、き裂が進展している時は、そのき裂から音が放射され、
その音を検知する事によってそのき裂の存在と位置を知ることができるそうです。
き裂を検出する事によって、破壊に到る災害を事前に防げる有効な検査がAE法です。
しかし今回はき裂の検出ではなく、少し発展した試みでAE法を適用するようです。
(技法の詳細は割愛させて頂きます)

検出器材は大掛かりなものを想像していたのですが、
見てビックリ!なんとコンパクトな!
(非破壊検査で用いる超音波探傷装置よりもさらに小さい)
検査機材は昔と違ってどんどんコンパクトになっていってます。
真空管で作られた電子機器なんて今は昔ですね(笑)

因みに私が携わっているタンクも、
AE法を適用した実績があるそうな
でも、頼らないで済むのが一番ですね(M)

GWの過ごし方

GW中、お仕事されている方、ご苦労様です
大方は、待ちに待ったGWって感じでしょうか
私はというと、GWに限らず休みになると、気怠くなり
ぼーっと何もしないで一日を過ごすことが多々あります
なんと勿体ない休日の過ごし方かと、一日が終わる頃にはいつも後悔しております
私と同じような過ごし方の人、結構居るのではないでしょうか
最初は、何か病気かなと心配していたのですが
どうやら副交感神経の働きによるもので人間の正常な振る舞いだそうです
(但しほんとうに病気の場合がありますので、心配な方は医師の診断を受けて下さい)
仕事中などストレスを感じているときは交感神経が働き
休日になると副交感神経が働き、身体を休めようとし
癒し・修復の働きをしてくれます
だから行動したくなくなるのでしょうか

このGWも私の脳は副交感神経に支配されてしまうのだろうと思っていたのですが
がしかししかし、
何日か前に、地獄への招待状(資格試験の受験票)が届いていたのを思い出したのです
ガーン!試験日はGW明けすぐの日曜日
この仕事を選んだ宿命と諦め、GWはお勉強で終わりそうな予感
副交感神経の出番はなさそうなので
せめて人工副交感神経の”命のアルコール飲料”で癒されるしか
回復の手段はなさそうです
(医学的根拠のない嘘っぱちです)

そして私は知っています
試験結果発表日に交感神経が最高潮になる事を

皆さん良いGW!(M)

まぼろし~

二週間ほど前の事、残業時間帯に他グループのAさんから電話が有り

A、「Mさん明日の午後一に、こちらにきてくれますか」

こんな時間に呼び出しの電話、不吉な予感!
向こうの声は低く怒っているようにも聞こえる
なにかまた仕出かしたかな?
明日と言っているのだから、少なくとも緊急ではないみたいだ
一番怪しいのは気付かないうちにルール違反をしている事か?
幾つか思い当たる節があるのも悲しいが
結局断定には至らない

恐る々、聞いてみる
私、「どういうことでしょう?」
A、「古い話なんですが、あの時の~を表彰したいのでBさんと一緒に明日こちらに来てほしいのです」

えっ、表彰!私が?
なんだ脅かしやがって!(ほっと胸をなでおろす)
しかし一年位前の事をよく覚えていてくれたものだ
それだけで嬉しいものである

私、「自分でもすっかり忘れていた事で、大したことはしていませんので」
A、「いやぁ~異動した上長の机を整理していたら下の方から出てきたんで」

なんじゃそれ!忘れられていたのかよ!

私、「でもすみません明日のその時間は予定があり、違う日でお願いしたいのですが」
A、「じゃぁまたMさんの都合の良い日を教えて下さい」

想えば失敗ばかりの毎日
これで、幾つかの失敗が帳消しになるのかな
只、あと10回位、表彰されないと私の天秤は水平にはなりそうにありませんが

次の日、Bさんの都合を確認し(Bさんは間もなく他現場にいく予定)メールで希望日を伝える
こういう場面では自分からは、なかなか言えないもので

<Bさんはあと三日位しかこの現場に居ないので早めに表彰してあげて下さい>

とBさんを全面的に前に出してアピールするが

あれから二週間、まだ返事がこない
Bさんは、もう居ない
そして自ら連絡する術を失った今
来年の異動時に書類の下から再び姿を現す事を願うばかりです

幻に終わった表彰
ああ、私の天秤は傾いたままです(M)

お酒の場

この業界は「~飲み会」と称して、お酒を飲む機会が実に多いですね
お酒の好きな人が多いってのもあるのでしょうが
やっぱりノミニケーションの場を持ちたいっていうのが一番なんでしょう
お酒が入れば、日頃言えない事でも言えたりもします
少々無礼講であっても許されたりもします
またワイワイガヤガヤと他愛のない話に盛り上がるところも良いですね
お酒は、場を楽しくさせ、人との距離を縮めてくれます
お酒には、そんな力がある”百薬の長”なのです

土曜日に、Nさんの御厚意で高級お酒『獺祭』を戴きました
それも高級お肉のすき焼きに高級お刺身まで揃った高級尽くし
『獺祭』はとても気品があり芳醇な香りで
記憶に刻まれる美味しさです
お肉は一枚ずつ包装され、高級感漂う佇まいで、
甘く、やわらかく、口の中で幸せが広がりました
そして限りなく求めてしまう魔性の味なのです
しかしこれは人間をダメにしますよね
って100%ご厚意を受けた私が言うセリフでもないですが

『獺祭』もそうですがフグひれもNさんから戴きました。
その優しいお心遣いに涙しました
ありがとうございます

大変おいしゅうございました
ご馳走様でした

今度、なにか良いお酒を探してきますね
またダメになる夜を楽しみに!

お酒は、心に重く沈んだわだかまりを、ひと時忘れさせてくれます
そして誰かの温かい言葉がそれを軽くしてくれる時もあります

酒飲みの勝手な理屈で書き込んでいます。
飲み過ぎにはくれぐれもご注意を(M)

金曜日の時系列

【プロローグ】
唐突ですが人は往々にしてミスを犯した時、そのミスを隠そうとします
これもまた心理的に、追いつめられた状況下にある事が原因の一つだと思います
もしミスを犯した人がその事を隠さずに正直に告白したら
我々はそのミスを悪意に捉える事はしないでしょう
むしろ我々はその人を称賛するのではないでしょうか
正直に告白=冷静な判断=タフなヒーロー
つまりこのような方程式が成り立つ事を
Yさんの書き込みからふと思う今日この頃です

そんなヒーローの話しをお一つ

【金曜日の時系列】

それは金曜日18:00頃、社用車で帰路に就いて直ぐ
アクアライン浮島のトンネル手前で渋滞に引っ掛った
え、事故?金曜日は気分的に早く帰りたいのに
全く動く気配なし、どうやら強風で通行止めらしい
早めに分かっていたら、湾岸線経由で帰っていたのにと悔やまれる

少しイライラしながら待つこと40分
少しずつ車が動き出した。あっ、これで帰れる(ほっ!)
まぁ40分位のロスタイムは許せる
しかしトンネルの直前で、まさかのUターン指示

ここで待つか、湾岸線で帰るか選択肢がよぎる
川崎で待っている方が得策では?
湾岸線経由は遠いし、渋滞も多いし、料金も高くつく
何より直ぐに解除されたら嫌な気分になるのでは?
早く答えを出さなければと考えてる間もなく、
クラクションに押されて湾岸線方向に乗ってしまう

乗った以上この勝負どうしても勝たなければならない
そうです。湾岸線で帰って良かったと思えれば私の勝利なのです
なんと小さな人間か

判定は幕張PAに着いた時、まだ解除されていなければ私の勝ちとしよう
やっぱり走っていて遠い、私の負けか?

20時過ぎにやっと幕張PAに到着
判定をネットで確認してみる。おお!まだ通行止め!
やった勝った!小さな喜びをかみしめる
勝利の煙草に火をつけ2、3回ふかし
PAの喫煙所に向かおうと車の扉を開けた時
強風が煙草の赤い先っちょを吹き飛ばした
喫煙所でもう一度火をつけ暫し安息の時間
そして無事家路につく事21:00過ぎ

だが勝負はこれで終わっていなかった

土曜日の朝、車に置いていたバッグを取りに行ったとき
後ろ座席に、穴がポカリ
うん?
これって?
もしや昨日の赤い先っちょはここに落ちたの?

うぉぉぉお! 負けた!

長々とすみません物損報告です
社長ごめんなさい
反省してます(M)

春の一日

この時期、できれば携わりたくない業務があります
それは大きなお金を扱う業務なのですが
その業務の事を思うと憂欝になり、胃が痛くなるのです

どうにかして回避しなければと・・・・
防衛本能が働き、敵前逃亡のシナリオが私に語りかけるのです

一日の始まりは先ずは、コーヒーから・・・・あぁ和む
ヨシ、取敢えず現場に出よう・・・・
日頃は行かない所へも、自然と足を運んでしまう
その間、数人の監督と出会い、会話も弾む。

そうこうしている内に、昼飯の時間
あぁ忙しい

早くお金の処理をしなければ!!
内心焦る

午後からのスケジュールを確認する
あっ!確か運転課の人が『構内の桜がそろそろ咲きはじる』って言ってたっけ
ヨシ、現場に出よう・・・・
遠回りして行こう
その間、数人の監督と出会い、会話も弾む

桜の木に辿り着く、なんだまだ蕾か・・・
冷たい風が頬を叩き夕刻を知らせる

しかたない事務所に戻ろう
あぁ忙しい

椅子に座り、お金の書類にそっと目を通す
”0”の数を指で折って数えてみる
えっ?
再度、指を折って確認してみる
大きな金額は変わりはしなかった
書類をそっと綴じる

ほんの数分間の事だが
なんだか疲れた
コーヒーでもを飲もう
クッキーも美味いじゃないか
机の中には、まだチョコレートもある

チャイムが鳴り、誰かが私の肩を叩き『お疲れさん』と言ったような気がした
私は促されるように廻りに挨拶をした
 『それでは、お先に失礼します』

明日がある♪♪明日がある♪♪明日があるさぁ~♪♪♪

待てば海路の日和あり!!いい加減な私です(M)
ご安全に!

明太子に隠された凄技に思う

先日スーパーで、ふと不思議な事に気付きました。
それは明太子を買おうとしたとき、今迄気にもしていなかったのですが、
なんとパック詰めの明太子はみんな同じ分量(同じ値段)なのです。
一昔前はそれぞれの重さに値段が決められたものですが。

なにが不思議って?

大きい明太子から小さくして同じ分量にするのですよ。
細切れの明太子なら、少しづつ足していけば同じ重さに簡単にできますが。
これは、プロの職人技か?
明太子にためらい傷のような包丁の跡がないことを考えると、確実にプロの仕業、それもかなりの凄腕!

テレビで見たことがあるのですが、すし職人はプロになると常に同じ大きさ(重さ)で
シャリをにぎる事ができるらしい。(凄いものだ)

そういえば私も昔、レストランで働いていた頃
食パンを真っ直ぐに切れなくてマスターによくしかられたのものです。
特にサンドイッチ用にパンを切る時は食パン一本を36等分にしなければいけなくて
初めのころは、38枚になったり34枚になったりで、それも薄いのや厚いのや
決してプロとは言えない散々な結果が続きました。
でも回数を重ねるにつれて、なんとか36枚に切れるようになるものなのです。
そしてやがて完ぺきに熟せるようになり、念願のプロ(自称)の仲間入りを果たしたのである。
(実は20枚位切ったあたりから、微妙に厚さを調整していき36枚にしていたのだ。全然、凄くない私)
姑息なプロだったのだ。(笑)

あっ!そうそう
明太子の話ですが、実はあれはプロの職人が切っている訳じゃなくて
3次元的に計測計算し、ロボットで切っているそうです。
これも凄い技術ですね。
でも熟練された職人さんならロボットと同じ芸当ができると私は信じています。

20年位前になるのでしょうか、NHKスペシャルで「技能五輪、1000分の1ミリへの挑戦」と題する
機械系職種の日本人選手の戦いが放映されました。
私は今でもその映像を思い出すと熱くなります。
その1000分の1ミリを見抜く技量、その妥協を許さない熱い思い、そして最後までやり遂げる不屈の精神

コンピューターやロボットが発達し人間に取って代わったとしても
どうかこのプロの技を絶やさないよう継承されていくことを願います。

それではご安全に!(M)