未分類」カテゴリーアーカイブ

年末恒例の餅つき

当社は毎年の行事として、年末に餅つきを行っています。

昨年も当社の倉庫にて、社員の家族を交えて餅つきを行いました。

午前中の早くから餅つき機3台を駆使して餅作りを行います。

三々五々家族連れの社員が集まり、正月に自分達で食べる餅を作ります。またお世話になっている近隣の方々や、当社とお付き合いのある方々にもお餅を配ります。

当社最長老でもある村上さんの音頭により、先ずは乾杯をして餅作りを開始します。

厳粛だとか厳かだとかでは全くなくて、朝早くから堂々と酒が飲める名分が欲しいだけです。
今年は2升づつのボールが14個で餅作り開始です。このボールのもち米全てを使って餅を作りますが、毎年完売です。
時間差をおいて、3台の餅つき機を稼働させます。
餅と語ってうん十年? 餅マイスターの堀江さんが、最初から最後まで餅つき機の番人をします。
蒸し上がったもち米を、そのままつまんで食べてもおいしいです。
途中でちょっと手助けしてやると綺麗な餅ができます。
最近は便利なものがあります。餅きり器というものでハンドルを回すと餅が出てきて、刃のついていないナイフ状のものがついているので、それを押して切るとちょうど良い具合の餅のサイズになります。
昔は、ついた直後の熱々の餅を手を真っ赤にしながら千切っていました。もう皆の手が真っ赤で、水で冷やしながら餅を千切っていました。
ちゃんと全員がビニール手袋をしながら餅をこねています。
出来上がった直後の餅です。この下に敷いてあるシートも優れものです。テフロン製のシートで餅が全くくつかないシートです。
どんどん出来上がってきますので、餅こね班、餅並べ班、パック詰班と完全な分業体制となっています。
何時頃からか自然とそれぞれが役割を分担するようになってきました。
黄な粉餅も好評です。
餡ころ餅は好き嫌いがはっきりしています。酒には合わないと食べない人も結構います。
餅のバター焼きも好評でした。
大根おろしで食べる餅も何時もながら好評です。
つきたて直後の焼餅もおいしいですよ。
当社社員の前田君特製の青森地方で主に食べられるという雑煮が振舞われました。つみれを入れるのが特徴だそうです。
本人が一つ残念がっていたのは、冷蔵庫に入れておいて忘れてしまったイクラが入っていなかったそうです。本当はこれにイクラを乗せるのが、かの地方の流儀だそうです。
写真を撮った後に気付いたようです。
このデザート風の餅も前田君特製です。職業を変えたほうが良いのではと思います。
嬉しそうに食べる冨澤社員。何か役を務めていたっけ?
見てください!!! これが全部なくなります。

謹賀新年

当社のブログを訪ねてくださる全ての皆様へ

新年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

当社は1月6日より営業をいたします。

皆様が健やかな一年でありますことをお祈り申し上げます。

本年もお世話になりました

2019年は皆様にとって、どのような年だったでしょうか。

来たる2020年が皆様にとって、素晴らしい年でありますことをお祈り申し上げます。

写真は2019年12月31日の市原市の空です。

多少雲はありますが快晴の市原市です。
10時現在の気温は19℃もあります。暖かい穏やかな大晦日です。
皆様よいお年をお迎えください。

京アニ事件を教訓として

最近の当社のブログは小ネタ集のようになっています。

今回も小ネタで申し訳ありませんが、当社の事務所は建設当時から出入口が1カ所しかなく、もし火事とか地震とかで入口から出ることができなくなった場合には、給湯室かトイレの窓から飛び降りるしか方法がないなとずっと思っていました。もちろん建築基準法や消防法、市条例等には全て合致した建物です。

もし何かあった場合、当事務所の前面側の窓は全て強化二重ガラスなので、ハンマーで叩いても簡単には割れないとのことで、ガラスを割って外に出ることは不可能だと思えます。

しかし、危ないなとは思ってはいたのですが、現実に出入りができなくなったことは、今まで一度もありませんでした。また出来上がった後に工事をすると、建設時にかかるお金と違い、同じ工事でも数倍ものお金がかかることは知っていましたから、なかなか新たに出入口を設置するという決断ができませんでした。

ですが、今年の7月に京都アニメーションが放火され、死者36名もの尊い犠牲者がでた痛ましい事件があったことで気持ちが変わりました。あの事件はガソリンを撒いて放火したことで爆発的に炎と煙が広がり、結果多くの人が逃げ遅れ犠牲になりました。

当社も出入り口が1カ所では、もし京都アニメーションのように出入口付近で可燃性の液体等を撒かれ、放火されるようなことがあれば、これはもう逃げ場が全くなくなることが明らかでした。よって、ここは多少お金が掛かっても、避難出口を設置するという決断をいたしました。

夏の終わりに工事を発注しましたが、今年の秋に幾度も襲ってきた台風により資材の納入が遅れに遅れ、やっと先日工事会社からドア枠とガラスが納入されたので設置したいとの連絡を受け、今週早々避難用の出口ドア工事を行いました。

以下、工事の様子を写真にて紹介します。

今まで出入口はここ1カ所だけでした。
新たに今までの出入口側と反対側に、避難を目的とした出口を設置します。
出口の設置工事前です。向かって右端のガラスを取外して、新たに出口を設置します。
今まで入っていたガラスを取外します。
外したガラスは98㎏もあり、大人4人で抱えて搬出しました。
このガラスも他のと同じ仕様の断熱強化二重ガラスです。
普段は特にここから出入りすることはありませんが、今後なにか不測の事態が起こった時は、このドアを開けて避難が可能となりました。お金は少々かかりましたが、何物にも代えがたい安心・安全が手に入ったかなと思います。

12月14日は当社の忘年会でした

先週の12月14日に、当社は忘年会を行いました。

沢山のメンバーで楽しく、忘年会を行うことができました。

会社に集まり、持って行くものを運びます。
会場に着きました。これから会場設営です。
良からぬ相談?
忘年会が始まり、お食事タイム
ビンゴ大会のお礼をしました。
最後は冨澤社員による関東一本締めでお開きとなりました。
スタッフ一同ご苦労様でした。

カタログに載りました

当社の手摺や階段に採用されている転落防止のワイヤーですが、これはワイヤーテンショナーと呼ぶそうで新潟県の三条市に本社を置く浅野金属工業株式会社さんの製品です。

当社を建設する際に、設計・施工監理をお願いした設計事務所が採用した製品です。

今年の夏頃に、この製品を作っている会社から連絡があり、当社に設置されている製品を自社の納入事例に載せたいので了解してもらえないかとの話しがあり、当社は了承したところ10月の下旬に、広告宣伝部の担当者とカメラマンの2名で来社され、当社の手摺や階段部分を撮影して帰られました。

浅野金属工業の製品として、当社に設置してあるワイヤーテンショナーが採用事例のワイヤーテンショナーの項目ページに載りました。

下記のURLから見ることができます。

https://www.asano-metal.co.jp/case/wire/-18-1.html

看板を新たに設置しました

当社を示す案内看板は事務所の入り口近くに設置してあるのですが、この看板の評判はあまりよろしいものではなく、案内看板なのに社名が見え難いという看板としては致命的な不具合がありました。

ご覧のようにガラス製で素通しになっている為に、社名が見え辛いという機能的には失敗とも言える看板でした。

当社を初めて訪ねてこられる方は、例外なく看板に明記されている社名を見逃されて、そのまま事務所の前の道を真っ直ぐ進んで、かなり行き過ぎた所で会社が分らないと、電話をされることが多かったのです。

ただ、看板自体のデザインは素晴らしいと、皆さんからはお褒めの言葉をいただいていましたが、そこを褒められても会社の案内という、看板としての本来の用途からは外れているので、これでは意味がないと思っていました。

そこで遅きに失した感がありましたが、目立つ位置に看板を設置することにしました。

新しい看板は事務所の屋根に近いところに設置し、夜でも照明により分かり易い看板となりました。ガラス製の会社案内看板はと申しますと、早々にオブジェと化しつつあります。

皆様おいでの節には、今度こそ看板を目印にしてお越しください。

派遣法の改正による影響

 日本人材派遣協会によると、派遣会社の事業者数の数が2017年度は、6万2,408件だったそうです。2015年度の事業者数の数が7万7,956件だったそうで、このわずか2年の間で1万5千件も減少したことになります。これは労働者派遣法改正で派遣事業が許可制となったことや、全国的な人手不足で派遣スタッフの確保が難しくなったことが原因だと考えられ、その結果中小規模の派遣会社が廃業したり、大手派遣会社に吸収されたのではないかと推測されます。

さて、2020年4月から非正規雇用者と正規社員の賃金が同一になります。これは、派遣先で働く派遣労働者と派遣先に雇用される通常の労働者との間の待遇差解消を目指した、労働者派遣法の改正によりますが、同一労働同一賃金の推進が、人材派遣業界の今後を左右するものではないかと我々は思っています。

 この制度の発足により、今後は働く業務の内容が同じであれば、同一労働同一賃金として処遇しないといけなくなります。この同一労働同一賃金では2つの方式が予定されています。1つが「派遣先均衡・均等方式」、もう1つが「労使協定方式」です。

 「派遣先均衡・均等方式」は、派遣労働者の賃金を派遣先で働く正社員と均等な賃金水準にするもので、派遣会社は派遣先の賃金水準の情報を派遣先より得て、これに基づき派遣労働者の賃金を設定する方式です。これに対して「労使協定方式」は、厚生労働省が公表している都道府県別・業界別の平均賃金を基準として、労働者代表の合意を得て派遣労働者の賃金を設定する方式です。

 いずれの方式も派遣労働者の賃金の引き上げが起こるため、派遣会社は派遣労働者の賃金アップ分を派遣先と、単価改定の交渉を行う可能性が高いのですが、派遣手数料の負担増を嫌がる派遣先との交渉が難航すると、賃金アップ分を派遣手数料に転嫁できない。また、これまで派遣労働者に任せていた仕事を自社で対応する内製化を進める派遣先企業も増えはじめ、派遣会社の受注機会減少につながっていくのではないかと考えます。

派遣料金のアップが難しい派遣会社は、このような傾向が今後も続けば、従来から派遣労働者の賃金を低く抑え、他の派遣会社に比べ安価な派遣料金で同業他社と競争してきた派遣会社では、良質な派遣社員が集まり難くなるのではないかと私自身思います。当社はこの機会に良質な労働者を確保できるいい機会になると考えています。他社に比べ安価な派遣料金で仕事を奪っていくような派遣会社にとっては厳しい状況を迎えるのではないかと考えています。