月別アーカイブ: 2015年11月

応援したくなる若者たち

スクリーンショット 2015-11-30 19.26.26

10月の人事異動で職場の体制が変わり
人員が減った(汗)

仕事量は相当量あるので
「本当にこの人数で大丈夫か」
とみんなが心配した。

アイデアを出し合って施工計画をつくり
「よし!これで行こう!」と結束を固めて
新しい体制がスタート。

それから2ヶ月近く経ったのだが、
全然忙しくならない。

仕事あったら回してね!
とみんなで声を掛けあっているのに
担当以外の仕事が回ってこない??

なぜかというと、、、

職場の一人ひとりが
「自分の仕事は自分でやりきる!」と決めて
一生懸命やる人が揃っているから。

仕事覚えてスキルアップしたいのだそうだ。

仕事は期限付きのプロジェクトがほとんどで
ギブアップした人の分までカバーすることは
業界内では日常茶飯事なのに
このメンバーは素晴らしい!

30歳前後の社員が中心となったグループで
この意識の高さ、実行力は本当に驚き。

毎回書いているとおり
「こういう若いメンバーがいれば社会の未来は明るい」

おじさんにできることは「応援」だけだな
(やま)

[外腐』って?さ

先日の朝礼でのこと
どこそこの外腐配管工事~云々と工事確認の伝達が行われた時
「慣れでついつい言ってしまうのでしょうけど、外面腐食と言うようにしましょう」との発言があった
朝礼参加者にとっては、この『外腐』という言葉に慣れ親しでいて、なんの違和感もないのですが
他では通じない、いわゆるローカル言葉

職場では、このようなローカル言葉を極力使わない方向にしています。
また部材を表すローカル記号もその一つで、このことについて若い所員から
「馴染んだ人にとっては使い勝手はいいかもしれないが、ローカルルールなんで無くしましょう・・・」
一方にある弊害を考えての発言だった。

深く馴染んだ言葉は、当たり前のように使ってしまう
相手に伝わってるだろうかと疑問すら感じなくなる
略語にすればなおさら頼りないものです。

こんな事が有った。
ボルトルーズの指示を受け、フランジから液が飛散し作業員が被災した事例である
ボルトルーズって?
①フランジは開放しないでボルトを抜き何本かは残したままにする
②フランジを開放しないようにボルトを差替える
③ボルトナットを緩める
このとき作業員は③を選択してしまったのだ

思い通りに伝わっていない事がままあるもので
一方通行にならないように!!

今、職場では↓のように動いています。

強く根付いたものを変えるには、時間が掛かりますが、
意識を変える ⇒ 行動が変わる ⇒ 習慣が変わる ⇒ 風土・文化を変える

ズンドコベロンチョ!!(M)

旅先での多国籍な人々との出会い

IMG_1138 (1)

この連休で大阪〜京都〜東京3泊4日の旅をしてきました。
友人のイベントに参加して1泊で帰る予定のはずが
現地体験があまりに楽しかったのでプラス2泊の一人旅となりました。

京都は紅葉のシーズンで1年のうちで最も混雑している時期。
京都全体が元日の初詣のような状態で、
「ようこんな日に来はりましたな〜」
と京都の美人バスガイドさんに突っ込まれたほど。
予約は一切なしだったけど、なんとかなるもんです。

初日は大阪の巨大な駅ビルの中にある「蔦屋書店」
で本の読者コミュニティーの仲間と懇親を深め

2日目は紀里谷和明監督のハリウッド進出作品
映画「ラスト・ナイツ」を観て
上映後トークショーで紀里谷和明監督に会ってきました。

ストーリーは「忠臣蔵」を題材にしており
国籍・人種を問わずそれぞれの国の騎士道や武士道に共通する
「正義」「尊厳」「忠誠心」が色濃く描かれている映画です。
ぼくはもう2回観て、2回とも感激しまくりです。
超絶オススメです!

4日間で出会った人々は
・本のコミュニティーの仲間達
・ファションデザイナー「TODOKOROさん」
・映画監督「紀里谷和明」さん
・ミナミで会った女子高生のガイドさん
・ナイジェリアのミュージシャン
・タイの20歳の女の子で実はムエタイファイター
・USエアフォースの軍人さん
・ロンドンから来たDJ
・インドから観光で来たカップル
・京都の美人バスガイドさん
・関西のおばちゃん3人組
・イタリアミラノのオペラ座で活躍する歌手

多様な国籍・人種・性別・年齢
の人々と触れ合った

最近意識して行動しているテーマは
「何事も怖れずチャレンジすること」
「できるだけ多くの人と触れ合うこと」

先ほど紹介した映画「ラスト・ナイツ」も
国籍・人種を超えて1つの決意に向かって
マインドを共感するというテーマなので
感動して「こう在りたい」という課題を実践してみて
得るものが多かった4日間でした
(やま)

新事務所建設について

当社は2008年10月に現在の地に事務所を移しました。移転当時は事務所の周りには家も少なく、目の前が木工の工場で、隣と後ろは足場業者さんの機材置き場でした。

その後はどんどん周囲に家が建ち、足場業者さんの機材置き場だった所には、3階建ての立派なマンションが建ちました。

事務所前の道路を奥に入って行った所にも、戸建ての家やアパートが随分と増えました。そこで問題となるのが当社の駐車場です。現在4台分の駐車スペースがあるのですが、業務量の増大に伴い来客や業者さんの来訪が増えた結果、4台以上の台数になると路上駐車を余儀なくされる状況となりました。

引っ越してきた当時は、現在もですが駐車禁止区域ではなかったこと、周りも今とは違い家が少なかったことにより路上駐車は問題にならなかったのですが、現在では事務所前の道路も当時とは比較にならないほど車の通行量が増えました。

その結果、近隣より苦情をいただくようになりました。

2年前より現在の地に近い場所で、事務所用地を探していたのですが、中々良い物件に巡り会えませんでした。しかし今年の7月に市原市の所有する土地が入札に掛けられるとの情報を得て、ダメ元でその入札に参加したところ運良く落札することができました。

落札した土地は、若干ですが駅にも近く、広さも現在の事務所より2.5倍ほどの大きさです。駐車スペースもたっぷりと取れそうですので、これで駐車場問題は解消できそうです。

今後は資金計画、設計事務所の選定等を経て、新たな事務所を計画していきたいと考えています。

今後も本ブログで新事務所の建設経過をお知らせしていくつもりです。

学べる環境は自分で創り出す

スクリーンショット 2015-11-16 20.36.32

 

毎日若者と触れ合える環境は貴重

客先の若い社員さんから
現場調査に同行して欲しいという依頼があり
事前準備でフランジの規格を調べる必要があった

⚪︎⚪︎さん、フランジの規格調べときましょうか?
と聞いたら

「自分でやってみます。チャレンジで」
と返ってきた

結果的に調べた内容は間違いだらけだったのだが
自分でチャレンジして間違いから学ぶということは
誰にでもできることではない

部下にありがちなのは
「どうしましょうか」「何やりましょう」が口癖で
許可を得ないと自分で動けない人
それは責任をとることを拒否していることでもある

なぜなら失敗した時に
「あなたがやっていいと言ったじゃないか」
と言い訳ができるから

失敗を怖れず自分で考えて行動できる人は
今まで生きてきた過程で
いろんな人から良い影響を受けて
そういう思考になったはず

この人間性を持っていることが
どこへ行っても通用するマインドである
と言える

ぼくは客先の若い人と仕事をしている時間が長い
新入社員からの若者の成長過程を見守れることは貴重な体験

毎日のように質問され回答していく中で
自分がちゃんと理解できていなかったことがわかり
自ら学びになることが多々ある

そういうことをお互いで調べあい、教えあう
社員も社外もない

派遣社員というのは学びにくい
教育が行き届きにくい
という考えはある意味正しいが
先ほどの若者のように
応援してあげたくなる人間で在ることで
いくらでも成長できる環境を生み出すことができる

失敗を怖れずチャレンジする!
年齢は関係ない!
社内社外も関係ない!

(やま)

 

ミカンが送られてきました。

2015.11.11和歌山県に出張中のF君から有田ミカンが送られてきました。

早速いただきましたが、ジューシーで尚且つ甘くおいしいミカンでした。

F君ありがとう。これでミカンを送る彼女でもできれば最高ですが。

失礼しました要らんことを書いてしまいました。

組み合わせで個人の価値を高める


スクリーンショット 2015-11-08 10.40.41業界でトップを目指す
ことについて考えてみた
そもそも何ができたら優れているのか
定量的に評価しにくいのが
工事監督業かもしれない

先日、当社従業員が突発対応で海外勤務を命じられ
優秀な技術者を派遣したのだが
工事の専門性よりも
現地のベンダーに英語で意思を伝える
いわゆる通訳のスキルが必要とされ
肝心の技術力を発揮できないということがあった

技術者の強みは個性があり

⚪︎⚪︎軍曹みたいに、職人さんを引き連れて
問題の発生した現場工事を終わらせるスキル

緻密な計画を行い工事期間に作業を
スムースに進める準備のスキル

人によって得意分野は様々で
現場工事はその総合力が試される場である

個人個人のスキルを集約して
チームの総合力を上げるのと同じく
個人のスキルも組み合わせることで
その人の価値が上がっていく

基本スキルは、
計画、現場管理、コスト、安全、品質管理

専門性は、
実際の作業経験があるかどうか
設計、検査、配管工事、足場、断熱、塗装 など
このサブベンダーでリーダーまで昇りつめた人は強い

付加価値には、
語学力がある(英語、中国語、韓国語など)
文章が書ける
オフィスアプリが使える
ITに詳しい
営業ができる
教育ができる
経済・金融の知識がある

これらのスキルを掛け合わせ

「現場管理に強いx配管工事の経験ありx英語が話せる」

といった組み合わせを目指してみる

カードゲームはスペードのエース1枚だけでは勝てない

誰にも負けないスキルというのは業界でわずかしか存在しない

得意なものを身につけカード(スキル)の組み合わせで
オンリーワンを目指したいものだ

あなたの得意なことはなんだろう
(やま)

<写真はジャグリングxキーボードで価値を高めた某CM>

人権デー

どうも!どうも!ブログご無沙汰でした。
『ふけゆく秋の夜、旅の空の、わびしき思いに、ひとりなやむ』
こんな思いにふけていました。
あぁ~秋も終わりですね

さてさて
1948年12月10日は国連において「世界人権宣言」が採択された日で
この12月10日を「人権デー」と定め、日本でも、毎年12月4日から「人権デー」までの1週間を
「人権週間」とし法務省を中心に人権に関する取り組みが実施されます。

我が職場においても人権意識の高揚を目的に標語を募集していて
沢山の方が投稿されています。
誰もが日常生活において感じて思うところがあるからなんでしょう。
もちろん私も

数日前、ニュース番組の中でで小木ママ(先生)がいじめ問題に言及していた。
「いじめ問題がおきた時、周りの人(先生)達は、いじめられているようには見えなかったと
言うが、本人がそう思うならそれはいじめなのです」と

受け取る側がどう感じるか、
それを感じる事の出来る人は少ない

また理研の報道にしても、えっ!て感じてしまう事がある。
はたして話題の人はここまで報道されなければいけないのか?
人権は守られているとは決して思えない
きっと報道する側も、それなりの倫理観があってのことなのでしょうが、

自分が間違っていると思う人は少ない
だから殆んどの人がその倫理観で物事を判断してしまい
いつのまにか人を傷つけてしまうのかもしれません

それでは応募された標語を2つばかり紹介します(私の作品じゃないですよ)

【その言葉 自分自身に言えますか?見直そう 自分の態度と その言葉!】

【さりげない一言で人は傷つき さりげない一言で人は救われる 考えよう言葉の力】

著作権問題にならなければいいのですが(笑)

このブログは”エンジニアのブログ”ということですので
次回はエンジニアらしい内容でお届けしたいと思います。

次回タイトル  ”川崎の夜は妖しい香り”  乞うご期待(M)