月別アーカイブ: 2016年6月

糖尿病という恐ろしい病気

ちょうど一年前に毎年人間ドックを受診しているクリニックから、あなたは糖尿病の疑いがありますので速やかに専門病院で再検査をしてくださいとの所見をもらいました。慌てて近くの糖尿病の専門医が開設している病院に行きました。

結果は間違いなく糖尿病ですとの診断が下され、それからは糖尿病とどう付合っていくかを食事とカロリーについては管理栄養士さんの指導を定期的に受け、日々時間を見つけてはウオーキングをこの一年間ずっと続けてきました。

何とか薬に頼らずに食事と運動だけで、現在は糖尿病を示す数値は劇的に下がり、またこの一年で約10㎏の減量に成功しました。

実は、以前から糖尿病が恐ろしい病気だとは知ってはいましたが、それがどんな症状をおこし、また結果的に最後はどうなるのかは当事者ではないからという理由もあり、そう深刻に考えたことはありませんでした。

しかし、あなたは糖尿病ですと言われて、その病気がどんなに恐ろしい結果を招くかをネット等で調べれば調べるほど、もっと前から食生活を改善し、日々の運動をしておけばよかったと悔やみました。人間ピンチになって初めて真剣になるという意見がありますけど、こればかりはピンチを招く前にやっておくべきことだったと今になって思います。

糖尿病は一旦なると治らない病気です。現在数値が良くなっても、元の生活習慣に戻れば直ぐに再発する病気です。

厚生労働省が行った「2014年糖尿病の患者調査」によると、2014年の糖尿病の患者数は316万6,000人となり、前回(2011年)調査の270万から46万6,000人増えて、過去最高となったそうです。

世界の患者数は以下のデータから読み取ることができます。

http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/024448.php

糖尿病を軽くみてはいけません。

 

 

セブ留学レポート “I LOVE JAPAN”

001

フィリピンのセブに留学して1週間が経ちました。
みなさんセブといえばどんなイメージをお持ちでしょうか?
南の島、綺麗な海、リゾート、観光 etc
どれも正解です!
しかしこれはメディアが作り出した観光産業のイメージで、
ひとつの側面に過ぎません。

僕が居るセブシティから綺麗な海までは、車を飛ばして3時間ほど移動する必要があります。綺麗な海は「極々限られた観光資源」で、観光パンフレットで見る目を見張るような写真はそこいらじゅうで見られるものではありません。

現地の方々の中には、毎日を生き延びるために生活している人がたくさんいます。生活格差は大きく、物乞いの少年少女、ストリートチルドレン(ギャング)など若年層の貧困者を街のあちこちで見かけますし、犯罪などの良くない話も日々の会話の中で多く耳にします。

00105.MTS.00_00_29_06.Still00100103.MTS.00_00_04_05.Still001

そんな中で、僕たちの英語講師である先生達は、フィリピンという国の中で若い頃から勉強し難関を勝ち抜いてきた素晴らしい方々です。話によると1万分の数名という超難関だそうで、講師になってからも毎週生徒からの評価があるし、常に向上心が求められる環境にいます。そんな厳しい環境にいながら留学生活をラテン気質で明るくサポートしてくれる講師陣には感謝の気持ちでいっぱいです。

こういったリアルで多様な現状は、自分の目で直接見て、そして体感してみてはじめてわかることですね。物事には常に光と闇が存在するということ。

日本で生まれて、日本で生活できることを幸せと感じるか?
それとも、まだ何かが足りないと感じて生きるのか。
それは自分次第なのだと改めて感じる留学生活です。(やま)

“What do you think?”

本日より鉄骨建方工事が開始されました。

今日から地上部の工事が始まりました。

先週の金曜日に、鉄骨の製品検査が当社が工事監理を契約した設計事務所の立会のもと、鉄骨製作工場でありました。そして今週、製品検査に合格した鉄骨が現場に搬入されて、今日から鉄骨建方が始まりました。

その鉄骨ですが、製品検査の一週間ほど前、当社と仕事上で付き合いのある検査会社から 「実は工事会社から、鉄骨の超音波探傷検査をして欲しいとの依頼があり、物件名を聞いたところアルファテクノスの名前が出たんだが、お前さんところの鉄骨だろうか」 と電話があり、「そうだ、だからしっかりと検査してね」 と答えた経緯がありました。その検査会社は日本溶接協会(CIW)の認定も取得しており、ごまかしのない検査をする会社ですので、鉄骨の溶接部については、まずは安心できます。

今までは基礎工事が主でしたので、そう大きな変化は無かったのですが、地上部の工事が始まった途端に職人さんの数も増えて大掛かりな工事となってきました。建方工事はもう暫く続きそうです。

IMG_0350 IMG_0351 IMG_0352 IMG_0354 IMG_0356 IMG_0359 IMG_0360

ゴミ拾い

先日、なんともショッキングなニュースが流れていた。今、海の中をマイクロプラスチック!(大きさ5㎜以下のプラスチック)が大量に漂い、生態系への影響が懸念され始めているそうです。このマイクロプラスチックは有害物質を吸着させる特徴を持っていて東京湾のイワシの8割の内臓からマイクロプラスチックが確認されたと報道されていました。昔、水島のタンクから重油8万KLが流出し、瀬戸内海の1/3が汚染された事故がありましたがそれの約150倍(推計最大1300万トン)に及ぶプラスチック(マイクロプラスチックの元になる)が世界中の海に流出していると言われています。海の中に流出しているゴミはプラスチックだけではない。以前、愛媛の現場で近隣のゴミ拾いを定期的に行っていたことがある。ほとんど、人が歩くこともない2~3キロの峠道でしたが有るあは有るは、故意に捨てられた弁当くずにペットボトル、空き缶などなど、挙句に冷蔵庫に、テレビ、古タイヤなどなど汗びっしょりになって集めたトラック一杯の情けない収穫ただ崖下に落ちたゴミは、拾いに行くには危険だし、相当な労力でもある。ましてや粗大ゴミとなると人力ではもはや無理、悲しいかな、そのまま放置。捨てるのは簡単だが、回収には、数百、数千、数万倍の労力、費用が掛かってしまう。もう取り返しがつかない。怒りが込み上げてくる美しい日本の自然、景観を壊しやがって・・・

天災によるゴミの流出は仕方ないにしても、故意に捨てるのは許せない。一部の心無い人のために、善良な国民にその付けが回ってくるのだ。全ての人にゴミ拾いの大変さを知ってもらいたい・・・と私は思う

そしたらきっとゴミを捨てようなんて思わないだろうと (M)