月別アーカイブ: 2016年12月

入社して3年目の2016年

入社以来さまざまなお客様のもとに派遣されてきましたが、早いもので今年は3年目を過ごしました。
以前勤めていた会社では、バリバリに仕事をしている先輩方が実は派遣社員としてその会社で活躍されていることが多々ありました。
私はと言うと、その会社の正社員の立場で、会社に忠誠を誓い自己犠牲も厭わずに日々を過ごしていたことを懐かしく思い出します。
良き仲間に恵まれ、同じ目的を持ってその仲間と共に一緒に仕事が出来た喜びこそは今でも仕事をしていく上での糧となっています。
しかし、何か1つ歯車が狂うと全てが嫌になり、信じられなくなり、退職したのが3年前。
2年半前から当社で人生の再出発をしてからは、多くの業務が当時の逆の立場での仕事です。
そのため、お客様の気持ちを考え、自分の立場をわきまえてお客様に役立てるような技術を提供出来るような技術者を目指して努力しています。
そして今年、わたしがお世話になったある派遣先の会社では、私が過去に携わった経験をフルに活用できるような現場がありました。
私自身はいつも通りに業務をこなしていましたが、降りかかってくる増え続ける仕事量にパンク寸前でした。
こんな時こそ派遣だとか正社員だとかの垣根を超え、1つのプロジェクトを完遂するためにはもっと誰もが声をあげるべき時もあるものだと再認識しました。
来年もさまざまなお客様のもとで仕事をすることになるかとも思います。
その際には今年の経験を活かします。
そしてまだまだ成長し続ける自分でありたいです。
関東地方では、暖かいお正月を迎えることが出来そうですが、まだまだ寒い時期はこれからですので体調には気を付けていきましょう。
来年はもっとこの場での情報発信を自分への課題としてまいります。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げます。(F)

今年もありがとうございました

2016年もあと少しで終わりです。

本年も格別のご愛顧を賜わり
厚くお礼申し上げます。

来年も従業員一同、お客様にご満足いただける
技術サービスを心がける所存です。

来年も、本年同様のご愛顧を
よろしくお願い申し上げます。

皆様にとって2017年が、素晴らしい年になりますようにお祈り申し上げます。

代表取締役 濱村雅哉

2016年12月31日 大晦日 市原市の夕暮れ

img_0967 img_0968 img_0970

 

 

 

餅つき大会2016

img_2100

今日12/28は、「餅つき大会」を開催中です。

当社が開催するイベントのうち、年内最後のものとなります。

来賓は、取引先、従業員、友人知人を含め100名程度にのぼります。

今年は社長の娘さんのご友人が中国の四川から参加してくださり 、グローバルで華やかな雰囲気になっています。

img_1791

参加時間は朝の8時から夕方5時頃までの間で、冬季休暇に入っている方は早い時間から、今日が仕事納めの方は終わったその足でかけつけてくださる方など様々です。

会場を訪ねてくださった方には、軽食と飲み物をご用意しています。

そして、つきあがったお餅を小さい丸餅に仕上げる作業を実際に体感していただきます。

参加くださる方は、お子様連れの方も多く、大人も子供もみんなで一生懸命お餅つくりをやってます。

お餅を丸める作業を見よう見まねでやってる子供は微笑ましく、年配の方々が子供達にもちつくりを教えてあげている姿にも心が和みます。

そして自分で作ったつきたてのおもちを、きな粉、あんこ、ぜんざいなどいろんな味わいで楽しみます。帰りにパックしたお餅を好きなだけお土産に持って帰って頂く楽しいイベントになっています。

img_2114

img_2163

ところでこの餅つき大会 。

当日は8時前にスタッフが10名程度集合し、本番を迎えるのですが、実は前日から準備をすすめています。

前日にすることは、

・もち米の玄米を70kg精米する。

・餅つき機等の機材の設営。(年に一度しか使わない)

・36cmの業務用ボール20個分のもち米を洗って水にさらす。

・消耗品の補充、餅とり粉、あんこ、きなこなどの食材の買い出し。

img_1694

そして2日目に本番を迎え、翌日かたづけるので3日がかり。当社のイベントで年末最後にして最大の規模なのです。

傾向として、当社のイベントはエスカレートする傾向にあり、今年は餅米の玄米を70kg(も)用意しているんです。

始めた当初は、確か30kgだったような気が。。(笑)

毎回イベントの振り返りを真面目にやるのが当社の社風で、

毎年決まって社長が、「もち足りんかったのー」で締めくくるので年々分量が増加してしまうわけなのです。(笑)

この餅つきも始めてから10年近く経ち、クリスマスパーティー同様、スタッフの動きもこなれてきて、ほぼオートマチック。

絶妙なフォーメーションでスタッフが動いている 笑

img_1756

イベントを仕事の時間外に一生懸命やることができる原動力は、

来てくれる人の笑顔なのです。

みなさんの笑顔を思い浮かべながら 準備をすすめる。

仕事が終わることはもちろんだけど、この餅つき大会が終わらないと歳が越せないんですよね。

今年もみなさまの笑顔を見ながら新年を迎えられることが従業員一同の喜びです。

今年も一年間お世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします。

従業員代表:山内

img_1841

img_2030 img_2089 img_2098

img_2201

ある方との思い出

2016年12月17日大阪に行き、当社が株式を保有している会社の株主総会に出席してきました。

当社がこの会社の株式を取得した経緯は省きますが、この会社は長年勤めていた会社に、業績不振の責任を負わされて去ることになった、6名のサラリーマンが設立した会社です。

私も、その当時この人達と同じ会社に勤めていましたが、この人達が解雇された一年後に希望退職募集という名のもとに行われたリストラによって45歳を以って会社を去ることになりました。

6名のメンバーは大阪の地で歯を食いしばって頑張り、16年後の今日では社員も設立当初より遥かに多くなり、設立時の経緯を知らずに入社してくる社員が多数を占めるようになっています。現在設立当初のメンバーは全て一線を退き、顧問や非常勤役員として会社を見守る立場となっています。

私自身はリストラされた直後、長年生活していた関西を離れ、千葉を新天地とし会社を設立しました。

何故千葉なのかというのは、このブログの主旨ではありませんので省きますが、いつか機会があればお話ししたいと思います。

株主総会の後に行われる忘年会に、現社長より是非とも出席していただきたいとの有難いお言葉をかけていただいたので、喜んで忘年会に出席しました。

忘年会の席上、現社長より今日はサプライズがありますとアナウンスがあり、私に一冊の本が渡されました。

その本は、設立メンバーの一人であり、初代社長を務められたO氏のご家族が自費出版された本でした。

私のサラリーマン時代の上司であったO氏は、数年前に代表取締役を退き非常勤顧問として、経営には直接関与しない立場となられた後、昨年病魔に襲われ闘病の甲斐なく残念ながらこの世を去られました。

O氏は51歳で会社より解雇されましたが、その一年後に自身を社長として6名で会社を設立されました。そのO氏は友人である大阪山岳会の会長に誘われ、リストラされた直後にヒマラヤ山脈にあるパルチャモという6180mの高さを誇る山に登山をされました。

その時の記録や気付き、自身の思いを綴った文をパソコンに残されていたようで、いつ頃ご家族の方がこのような文が、パソコン上に残されていたことに気付かれたのかは存じませんが、その文をご家族で編集され、自費出版の形でO氏の死後100冊作られたことを最近になって知りました。

その内の一冊が今回忘年会の席上で、サプライズプレゼントという形で私に手渡されました。

何故私なのかは推測でしかありませんが、数年前からO氏を含め私の人生の師匠とも呼べる人たちと、東北の温泉巡りをするようになりました。それまでは私自身も含め会社の経営に全力であったために温泉巡りどころの話ではありませんでした。

サラリーマン時代の上司であったO氏は、常に物事に動じることなくどんなピンチでも沈着冷静で、小さなことに拘らない大きい心の持ち主でした。関西支社長まで上り詰めた後、業績不振の責任を負わされ会社から解雇を告げられた時も、自ら全ての責任を一身に受けて退社されました。私はO氏の生き様を真似をしようとしたこともありましたが、あまりにも人物が大きすぎて、私にはとても真似できるような人物ではありませんでした。

以前のブログにもこの方の事をちょっと書きましたが、実に惜しい方が昨年この世を去りました。

私がO氏を尊敬していたことを、この会社のメンバーが知っていたことが、この本をいただくことになった最大の理由のようです。

私が会社を興して悪戦苦闘している時に、わざわざ当社を訪ねて励ましてもらった時の写真と、何年か経った後に箱根へ二人で旅行した時の写真が、旧事務所から新事務所へ移っても、ずっと私の机の横に飾ってあります。

そして今回、この本をいただいた時の写真と、今日この本を横に置いた写真を撮りブログにアップしました。

今その本を読みだしていますが、本書を私がいただくことに快く同意していただいたご家族に心より感謝を申し上げますと共にO氏のご家族のご多幸とご健勝をお祈りいたします。また、本を渡す手配をしてくれた現社長をはじめ同社関係者、そしてこの発議をしてくれたN氏と、この経緯を私に詳しく説明していただいたF氏に深甚なる謝意を表します。

cimg1498-2029 034 img_0903 img_0904

第2事務所のリフォームが完了しました

計画より約一ヵ月半遅れでやっと第2事務所のリフォームが完成しました。

工事開始前、工事中、工事完成後の写真をアップします。

今回の工事資金は、自社の手持ち資金で何とかなりましたが、予期せぬ資金が出て行ったことによる資金繰りは厳しくなったことは事実です。

今後はより一層の経費の見直しを含め、資金の効率的な運用を行います。

まずはBeforeから img_0579 img_0582

途中経過

img_0879 img_0880

img_0882

そしてAfterです

img_0897 img_0900 img_0902

 

接待を受ける、招待を受ける、この二つの違いについて

先週の忘年会に出席された皆様ご苦労様でした。

楽しまれた方からのお礼のメールが沢山届き、主催した側として大変うれしく思います。このようなお礼を頂けると、一同また来年も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

さて、ブログのタイトルが   「接待を受ける、招待を受ける、この二つの違いについて」   ですが、実はこの二つで人間性が明確に判るという事実があります。

過去に行った忘年会のなかで 「ドリンクメニューにはワインがないが、どうしてもワインが飲みたい」 と招待したお客様の中で言い出された方がいらっしゃいました。限られた予算の中でやっているため、どうしても予算の関係上できない場合もでてきます。その方はおそらく接待を受けているという気持ちがあったので、何を言っても通用するのだという感覚だったと思います。しかし招待を受けているのだという立場だったら、常識として私だったら言いません。

例えば結婚披露宴に招待され、宴席の場で酒の種類がないから希望する酒を持ってこいと新郎新婦側に言う人はいないと思います。例えご祝儀を持っていったとしても。ましてや当社の忘年会は無料招待です。

このことは当ブログに書こうか、書かないか迷ったのですが、接待されることと、招待されることは正反対のものだということをわかっていただきたかったので、あえて当ブログに書かせてもらいました。

山内社員が当ブログに写真をアップしていますが、私も少し写真をアップしてみます。img_0146 img_0154 img_0170 img_0212 img_0232 img_0234 img_0251 img_0275 img_0335 img_0507 img_0516 img_0661 img_0691

 

年忘れクリスマスパーティー2016

img_0731

毎年恒例の年忘れクリスマスパーティーが無事終わりました。

今年も全国から80名程の来賓をお迎えして終始アットホームな雰囲気で会を終えることができました。

そして今年はスペシャルゲストとして青山 博一さんをお迎えしました。
青山さんは千葉県市原市出身のオートバイレーサーで、全日本ロードレース選手権GP250チャンピオンであり、ロードレースの世界選手権 MotoGPクラスに参戦するというトップレーサーです。現在は、若手の育成にも力を入れているとのことです。

aoyama

青山さんが持ってきてくださった、プレミアムなグッズの抽選会も盛り上がり、当選した来賓者の方は子供のような笑顔でサインをもらって喜んでいたことが印象的でした。

img_0309

恒例のビンゴ大会は、お客様全員で盛り上げて下さって大盛況でした。

img_0332

このウエディング会場を貸し切ってセルフプロデュースするパーティーは、従業員の結婚式を友人知人だけで主催したことから始まりました。
それから数えて、かれこれ12年。今ではスタッフが10名程度で役割を分担してスムースな運営ができるようになったと思います。

img_0517

振り返ると、始めた当初は社長と僕の2人だけで準備をしていました。
仕事が終わってから毎日毎日顔を合わせ、来賓者のリスト、席次表の作成から始まり、ビンゴ大会や余興の準備、そして社長と僕とであいさつと司会をする台本づくりとリハーサル。頭の中は四六時中イベントのことばかり考えていました。

パーティーを始めた当初はひどく緊張して、すごく疲れていた記憶があります。上手くできないことの葛藤が大きかったのと、人を楽しませようという思いだけが先走りして余裕が無かったんだと思います。

でもずっと続けてきて毎年の積み重ねでイベントをブラッシュアップしてきたことで、今では来賓の方々を楽しませる雰囲気を従業員全員で出せるようになりました。
「チームも個人も成長したな」としみじみ感じています。

人を楽しませるには、まず自分が楽しめる状態であることが一番大切。この心の在り方になるのに10年かかりました。
「おもてなし」は「愛」が必要ということなんですね。

パーティーが終わって感じていることは、主催者側のチームの結束・団結とイベントをやりきった達成感。
そして来てくださったお客様からの「楽しかった」を言葉や笑顔から受け取れること。

こんなに大きなありがとうで心の中をいっぱいにして、新年を迎えられることが最高に嬉しいです。

来賓の方々、当社及び会場のスタッフに感謝しています。

従業員代表:山内

img_0813