月別アーカイブ: 2017年3月

ある銀行マン

先日7,8年前に当社を担当していた銀行マンから久しぶりに電話がありました。この銀行マンとの付き合いは本当に印象に残るものでした。彼は当社にとって何が一番有利になるかを常に真剣に考えてくれた銀行マンでした。法人営業の銀行マンは自分が担当する顧客を概ね2年から3年程度で代わっていきます。従ってこの銀行マンも確か当社を3年も担当していなかった記憶があります。しかし彼はこの期間で当社に強烈な印象を残して去っていきました。

近況を聞いたら、今は東京のそれも品川を担当エリアにしているそうです。千葉の地方銀行が、大企業の本社が集中する東京に進出して、そして品川を担当させられていると聞いた時は、あぁやはりできる男は所属する銀行からも大きな期待を寄せられているのだなと感じました。

彼は当社の担当を7年だか8年だか前に外れたにも関わらず今でも当社の決算を気にかけてくれて、良い決算だったときは必ず電話をかけてきてくれて褒めてくれます。そしてこれからも頑張りましょうと言ってくれます。ということは当社だけに限らず今でも必ず各社の決算報告をチェックしているということです。

このブログでは全てを話すわけにはいきませんが、当社は資産を増やす方策や短期・長期の資金繰りや税金対策について、彼は幾度となく的確なアドバイスをくれ当社を助けてくれました。

最近よく言われている企業のスローガンで、お客様の立場に立ってとか、お客様目線でとか、お客様に寄り添ってとかカッコイイ言葉をよく聞きますが、あなたは本当に顧客の立場に立って仕事をしているのですかと問いたい場面が多々あります。でも翻ってみてお前はどうなんだ、顧客の立場でものを考えているのかと問われると、私自身も正直自信がありません。(何だよ ないのかよ!!! という突っ込みはなしでお願いします)

キックオフと称しての飲み会

この春に当社が最大人数を投入する現場は、千葉県にある化学工場が併設された製油所で行われる定修工事です。

この製油所には、当社から常時2名の技術員が常駐しており、日常保全業務や定修工事の計画業務そして緊急での突発的な技術対応等を行っております。

定期的に装置を止めて補修工事を行う季節になると、全国から数千名の工事関係者が集まり大規模な工事が始まります。

そこに各社から技術員の派遣要請が当社にあり、要請内容に応じた技術を持っているメンバーの派遣を行います。

今年は最大規模の派遣要請があり、最大で16名の技術員の派遣を行います。

「16名程度で最大とか言っているの? 大したことないんじゃないの」

と思われるかもしれませんが、当社にとっては大変なことで、それこそビッグイベントとなります。

必要とされる技術を有しているメンバーは、全国にもそう多くは存在せず、またそのメンバーは売れっ子の芸能人と同じで、各社から常に派遣要請があり、当社は売れっ子を多数抱える芸能プロダクション並みのスケジュール調整を行っています。

当社は幸いにもそのようなメンバーが多数在籍しているのですが、そのメンバーが大勢集まって仕事をする機会はそう多くはありません。ただ大規模工事の場合は多数で一緒に仕事をする機会が生じます。そこで久しぶりの再会を祝って行われるのがキックオフと称する飲み会です。キックオフとはサッカーなどでは馴染みの用語ですが、工事業界でもキックオフ安全大会とか、キックオフミーティングだとか工事関係者でもよく使われる用語です。

今回も工事開始前の比較的全員のスケジュールが調整しやすい時期を逃さず、久しぶりの再会を祝ってキックオフと称しての飲み会を行いました。

安全第一・無事故無災害で工事の完了を願っています。

 

追い打ち

いよいよ、今の職場ともお別れです。

とは言っても今は思いに耽けている余裕は全くないのである

そう残務処理に追われている日々なのだ

その余裕のないところに、甘~いお酒の誘い誘われ♪♪ 飲めないけど・・・

後の事を顧みず付き合いを重んじる私

どうにかなると・・・浮かれて居酒屋に・・

ワイワイ騒いで、次の日は寝不足

追い上げなければと

目をこすりながらスティーヴィー・ワンダーの如くキーボードを叩き

鬼の形相で仕事に没頭する

後、数回飲み会を控えているが、

まだどうにかなると・・・蛭子能収さんのような自分がいる

数日前に一通の春の便りが届いていた事を想い出す

嫌な予感!・・・やはりNDI試験 3月25日!!

確か前日はグループでの送別会なのに

いつも忘れたころにそっと忍びよるんですよね、”NDI ”って

*私が忘れてるだけなんですが・・・

こりゃ、どうにもならん、参った <m(__)m>

蛭子さんが背中を向けて去っていく

素面では歌いたくない!  Mです

燃えるような夕日でした

先週の水曜日ふと外を見たら、空が燃えているような夕日が見えました。最初はどこかのプラントから火が出たのではないかと思い慌てましたが、よくよく見ると雲がオレンジ色に染まった綺麗な夕日でした。スマホではうまく写らないかなと思いましたが意外に綺麗に写っています。

春はもうそこまで来ています。

タイムが上がったそうです

当社は細々とではありますが、フィリピンに暮らす貧しい学生達をサポートする運動を行なっています。

2015年7月にアップしたブログには、ネグロス島の山奥に暮らす学生達に雨傘を送ったことを書きましたが、以降ブログには書いてませんが、トイレのない家々に便器を設置した事など、ささやかではありますが様々なサポートを行ってきました。

今回現地から、学生の陸上クラブ活動の予算が不足しているため、クラブに所属する選手全員に運動靴を揃えることができず、練習は裸足でしているという現状が報告されました。裸足での練習では怪我をしたり、元よりタイムが上がらないために今まで大会に出ても、中々選手のモチベーションが上がらなかったそうです。

写真で見るように皆裸足で運動をしています。そこで今回はクラブ活動をしている学生達に運動靴を送りました。

この靴を履いて大会に出た選手全員がタイムが上がり、中には上位に入る選手もいたそうです。

偽善だと言われるかもしれませんが、私たちは今後もこのような活動を行なっていきたいと思います。

運動靴を送る前の練習風景

IMG_1030 IMG_1027 IMG_1028

送った運動靴を履いて出た陸上大会

IMG_1022 IMG_1023 IMG_1024 IMG_1025 IMG_1026

回想

タンク工事を任され、かれこれ40基くらいのタンク工事に携わらせてもらい

早や4年近く

私のタンクの最初のイメージと言えば『鉄板を丸く組み立てるもんだ』くらいにしか思っていなかったので

その時は、やればどうにかなると軽く考えていました。

しかしその考えは脆くも着任してすぐに崩れ去りました。

工事に伴い報告書と計算書が私に届き

先ずは報告書!なるほどなるほど『ふむふむ』、納得!!

次にタイトルが『安全性評価計算書』なるもの、なに?なんだ?

中に目を通すと

数字と計算式でびっしり、絵文字なんて一つもない(あたりまえか)

地震動による固有周期?

応答倍率に水平 or 鉛直震度?

転倒モーメントに保有水平耐力?

言葉自体ピンとこない

 Σに∫にCOShなる双曲線関数、徐々に  汗!汗!!汗!!!

だめだこりゃ!!

はい次!

『浮屋根の浮力計算』に目を通す

これは何とかなりそう、先ず1ページ目、浮屋根(ポンツーン)の浮力計算

『ふむふむ』、納得!!

そして2ページ目、浮屋根に水が溜まった場合の浮力(確かに雨水が抜けなければ大変だ)

なんとか、納得!!

そして3ページ目突入

ポンツーンが二室破損した場合の浮力・・・(そんな想定やめてぇ・・・でも必要なんですよね)

慣性モーメントがお顔を出して、断念!

その他にも色々な計算書が次から次へと攻めてくる

恥ずかしい事に、タンクでこんなにあらゆる計算をしてる事なんて知らなかった。

もう頭の中はパニック状態で

計算書を理解するのに何日も費やし、挫折感だけが増していったのを想い出します。

でも月日が経てば、不思議なものですね、

いつのまにか見るポイントというか要領が分かってくるもので

今では、なんとか理解できるようになったのかなぁ~(完全じゃないけど)

根気よく付き合えば、なんとかなるものだ。

何より沢山の支えがあったからここまでこれたのでしょう。

振り返れば、感謝の一言です。

久しぶりのMです。